生徒さんログイン

banner square

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

Posts tagged "ブログ開始"

多彩な「見る」の英語表現はしっかり区別しよう!

当校の高校生クラスではミニ・ディベートの時間を設けていて、身近なテーマで基礎的なディベートを実践して学んでいます。

 

「エイリアンはいるか?」といったテーマもあり、教材を作っているとき「人間は本当に良くできているなあ。エイリアンを想像しても、どうしても人間の形を考えてしまうなあ」と思います。

 

先に「顔」や「目」に関する英語表現の話をしました。その「良くできた」人間の顔には「五感」を司る器官が集中しています。中でも、目と口は「情報の収集」と「コミュニケーション」において特に重要で、日々の暮らしは「目と口で進んでいく」といっても過言ではないですね。

 

というわけで、まず目の役割、「見る」が今日のテーマです。「見る」ことを表わす英語はたくさんありますが、意識して区別することは、英語上達の大きなきっかけになりますよ。

 

 

「見る」と言えば、基本的な単語は see とlook at ですね。see は(自然に目に入ってくる)ことを示し、一方 look at は(対象を定めるように、また方向を定めて見る)です。look についている前置詞 at は、まさに目標・的(まと)を示す言葉です。

 

I saw a little girl crying on the street. 「道で泣いている小さな女の子を見た。」She looked at the sea from the window. 「彼女は窓から海を見た。」

 

これらsee と look at は、ちょうど「聞く」という意味の英語において、(自然に耳に入る) hear と(意識して聴く)listen to の関係と同様ですね。

 

look は後ろに副詞や前置詞をつけて、様々な表現があります。look for 「探す」、look after 「世話をする」、look into 「覗き込む・調査する」、look up 「(単語などを) 調べる」、look up to 「尊敬する」、look up at 「(空などを)見上げる」、といった具合です。

 

「テレビを見る」でお馴染みの watch は(注意深く見る)ことを表わします。 I often watch basketball games.「わたしはよくバスケットボールの試合を見ます。」

 

 

テレビでドラマなどを見る場合は watch ですが 「映画を見る」は see a movie と言いますね。これは映画は映画館で大きなスクリーンで見るものだ(った)から、(注意深く見る)必要がないからですね。あるいは see a movie は go to the movies 「映画に行く」などの表現と並んで、一つの娯楽行為を示す言葉だったと言えます。

 

しかし最近は映画も、テレビはもとよりPC、スマホ、タブレットなどで楽しむことの方が多くなってきています。そのせいか watch a movie と表記する場合も珍しくなくなってきました。

 

 

さてwatchより、さらにしっかり(観察するように)見る、は observe です。オブザーバー (observer) という言葉があるように、ちょっと後ろから、あるいは客観的に見ることを示します。We observed a meeting. 「私たちは、ある会議を見守った。」

 

 

また、observe には (規則などを守る)という意味があります。It is important to observe traffic rules. 「交通規則を守ることは重要です。」

 

view は名詞の「景色」がなじみ深いですね。 This room offers a great view of the fireworks show. 「この部屋は素晴らしい花火大会の景色が楽しめます。」動詞のview は(興味を持って見る、全体を眺める)というニュアンスです。 We viewed a rehearsal of the musical. 「私たちはそのミュージカルのリハーサルを見ました。」

 

 

(ちらっと見る)は熟語 take a look at が使いやすいですが、一語なら glance があり、やはり目標を示す at をつけます。When I glanced at her face, my heart started beating.「彼女の顔をちらっと見た時、私の心臓がドキドキしだした。」

 

「じっと見る・じろじろ見る」は stare at、「(好奇心や興味をもって)凝視する」は gaze at です。When I entered the classroom, all the students stared at me. 「私が教室に入ると、生徒のみんなが私をじろじろ見た。」

 

 

Jane gazed at the moon without words. 「ジェーンは静かに月をじっと見ていた。」

 

 

あと、新聞などを(さっと見る)は scan 。書類をデータ化するのに使うスキャナー scanner という機器は便利ですよね。Please scan this document into PDF. 「この書類をスキャンしてPDFにしてください。」

 

また同様に、書面の内容などを(かすめとるように見る)は skim です。 Jane skimmed through a letter. 「ジェーンは手紙にざっと目を通した。」

 

最後に、see と meet の違いについて。see には(会う)という意味がありますよね。See you! は「またね。」しかし初対面の人と会う時はmeet です。 Nice to meet you. 「お会いできてうれしいです。」2回目以降、その人に会う場合は、see です。Nice to see you again. 「またお会いできてうれしいです。」

 

see は(自然に目に入る)という意味ですから、人を街で見かけたり、通りで出会ったりするのも see です。I saw Tom in Ginza today.「今日銀座でトムに会ったよ。」

 

ただし、2回目以降でも、打ち合わせなどで会う場合は meet です。会議は meeting ですからね。Let's meet at 5:30 at the café in front of the station. 「5時半に駅の前のカフェで会いましょう。」

 

 

いかがでしたか?「見る」にもいろいろありますが、大切な言葉ばかりです。違いを味わってくださいね。

外面から内面まで、多「面」的な face の英語表現

 

コロナ禍で、人々の顔にはマスクが欠かせない状況が続いています。センサーによる「顔認識」技術の採用が進む中、マスクをしていても、人物を特定できる技術も出てきているとか。

 

というわけで今回のテーマは face「顔」。

 

face の意味はもちろん「顔」ですが、日本語と同様、人そのものを表わすこともあります。新人は new face 。日本語でも「新顔」といいますね。なじみの顔なら a familiar face です。

 

コロナ禍において、英会話などのレッスンもオンラインでの受講を希望される場合もあり、当校でもオンラインでのレッスンの提供を準備しています。オンラインでのレッスンに対する、「対面してのレッスン」は face-to-face lesson です。子供たちの英語レッスンは face-to-face の方が効果が格段に高いことが実証実験で知られています。

 

次に、顔つきは、気持ちや態度を表わすのに使われます。have a sad face 悲しそうな顔をする。 同様に have a happy face (幸せそうな顔)have a dark face (暗い顔)、have a serious face(真剣な顔)。

 

 

さらに、pull a face 「顔をしかめる」、freeze one’s face 「顔をしかめる」、soften one’s face 「顔を和らげる」という表現もあります。keep one’s face は、「真顔でいる(笑わないでいる)= keep a straight face」 という意味と「平気でいる、平然としている」の意味で使われます。

 

 

face には facial という形容詞もあるので、顔による気持ちの表現は facial expression ですね。ついでに顔の特徴は facial characteristics 、先に話題にした「顔認識・顔認証」は facial recognition です。

 

さて 人間は場面や相手によって、顔の表情や顔つきを変えることがありますが、そこから face には「2つの面がある」など「側面」という意味も持ちます。He has two faces. は「彼には裏表がある / 二心がある。」We found the two faces of American society. は「アメリカ社会の2つの面を感じた。」となります。

 

face は体の正面にありますから、動詞の face は位置的に、何かに面している時にも使えます。The window faces the park.「その窓は公園に面しています。」

 

この意味から、危機などの特別な状況に「直面」「遭遇」する時にも使います。He faced difficulty in continuing his business.「彼は事業の継続において危機に直面した。」The country faced a food crisis. 「その国は食糧危機に直面した。」といった具合です。

 

逆に、何かが自分の前に立ちはだかった時にも使えます。Terrible situations faced us. 「ひどい状況が我々に立ちはだかった。」こういった時、あきらめて「現実を受け入れよう。」は Let’s face it. と表現します。

 

人は誰でも予期せぬ困難に立ち向かわねばならないときがあります。そういった時、現実逃避 escape from reality せず、現実を認め face it 、対策を講じる take measures ことが大切ですね。

 

 

mind 「心」は胸にあるの?頭にあるの?

コロナ禍の最中、健康には特に気をつけていたのですが、先日、ウイルス性胃腸炎 stomach flu に襲われました。幸い1日半で収まりましたが、こんな病気にも油断できませんね。

 

Sound mind in sound body. 「健全な身体に健全な精神が宿る」は有名な英語表現ですが、確かに体がまいってしまうと、正常な判断ができなかったり、やる気が出なくなったりします。

 

この mind が今日のテーマです。上の文でmind は「精神」と訳しましたが、もう少し丁寧に言うと 気持ちや考えをつかさどる「心」といった意味です。同じ「心」でもheart は愛情のように胸のあたりに感じる「心」、mind は頭の中で気持ちを意識する「心」です。

 

make up one’s mind(決心する)は代表的な表現です。I finally made up my mind to change my job.「ついに転職を決意しました。」というように使います。

 

何かを考え直した場合は、I changed my mind. 相手が何か悩んでいるようだったら、What’s on your mind? 「何が気になるの?」と聞いてあげましょう。

 

 

気持ちが安定し、気持ちに余裕がある状態は I have peace of mind. と表わします。逆に冷静さを失うのは、lose peace of mind。Tom lost peace of mind.「トムは冷静さを失った。」

 

重要なことを心に留めておくのは、keep (bear) ~ in mind という表現を使います。この ~ 部分が文になるなら、that を使って、Keep in mind that these steps are essential. 「これらの手順は必須だということに留意ください。」というように使います。

 

come into one’s mind は(何かを思いつく)ときに使います。彼女の顔が突然頭に(心に?)浮かんだら、Her face suddenly came into my mind. ですね。

 

さて、私は小学校のころ野球が大好きで、毎日、日が暮れるまで、草野球に精を出していました。体も小さかったし、あまり上手ではなかったと思いますが、好きな投手の投球フォームを真似してはご機嫌でした。そんなころ、このmind という単語にすでに出会っています。

 

そう、例の「ドンマイ、ドンマイ」(気にするな、気にするな Don't mind, don't mind.)ですね。失策をしたり三振したり、ドジを踏んだ友を慰めたりするのに使いました。

 

 

動詞の mind は「気にする、気に障る、気になる」といった意味ですね。I don’t mind. は「気にしていない」で、後ろに動名詞をつけて、I don't mind doing kitchen work. なら「台所仕事もいとわない」となります。

 

Mind your own business. は、直訳すると「あなた自身の仕事をかまってください」ですが、いいたい意味は「余計なお世話だ / 口出ししないで / ほおっておいて」ということですね。

 

動詞の mind を使う疑問文は、答え方において、私たち日本人が最も間違いやすいパターンの一つです。

 

Do you mind helping me? 「助けてくださいませんか?」と聞かれたとき、Yes あるいはYes, I do. と答えてしまいそうですが、いや、答えてしまいますが、それだと「助けるのはイヤ」の意味になってしまいます。Do you mind? は(気に障るか?)なので。

 

丁寧版の Would you mind でも同様で、Would you mind my opening the window? (あるいは Would you mind if I opened the window?) と聞かれた場合も、Yes. あるいは Yes, I would. と答えると、自分の意図と反対の、キツイ否定になってしまいます。

 

このような時は、No. I don’t mind. 「いえ、かまいませんよ」、あるいは、No. No problem. 「いえ、問題ありませんよ。」と答えましょう。

 

そして、本当に困る場合は、Please keep the window closed for some time. 「しばらく、窓を閉めておいてください」などと具体的に返答しましょう。

 

mind という言葉は、自分の行動を決める基準として大事なだけでなく、人と人とのコミュニケーションにおいても、大切であることがわかりますね。

 

mind の表現を理解すると、英語に対する自信もレベルアップするのではないでしょうか。

 

校長ブログ by SatoG

速読講座