生徒さんログイン

banner square

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

校長が本を出版しました。

Posts tagged "ブログ開始"

勢いのある sp で始まる英単語

 

オリンピックの競技には、飛び込み競技 diving competition やシンクロナイズド・スイミングsynchronized swimming のような水しぶきの上がる種目があって、見ていても興奮度が上がりますが、この水しぶき、英語では spray あるいは splash と言います。

 

 

これらの単語に入っている SP という文字は「勢いを感じさせる音」なのです。今日は英単語力を、音感を軸に倍増させる方法について、この SP を例にお話ししましょう。

 

 

オリンピックの花と言えば陸上競技ですが、短距離走の選手を スプリンターと言いますね。この sprinter にもSPが入っています。sprintは「全力でダッシュする」という意味。

 

 

英語の p は、その文字部分を発音すると(プッ!)と、前に息や唾が出てしまいそうな強さがあります。 push (押す) という単語でも前に力がかかるのがわかると思います。このP の前にSがつくと、さらに勢いが増すのです。

 

きれいな話ではないですが、実際「唾を吐く」も英語では spit です。一生懸命にしゃべる時、唾が飛んでしまうことがありますが、そこから連想できるようにspeak「話す」にもSPが入っていますね。speakerは「話者、スピーカー」。

 

 

冒頭で話したように、水が勢いよく飛び出すことに関する単語も多くあります。 sprinkle 「まき散らす」。sprinkler「散水車、散水器」でお馴染みですね。 そういえば「春」のspring にも「跳ねる、湧き出る」という意味がありますね。湧き水は spring water。 spatter は「水をまき散らす」です。

 

 

植物が「芽を出す」は sprout、sparkle は「火花を出す、輝く」。「拍車をかける」は spur です。どれも勢いを感じる単語ですね。

 

前に勢いを出すSPは、さらに「突出する」というイメージに発展しています。spear 「槍(やり)」、spike 「犬くぎ」、spine 「とげ」など、いろいろありますね。

 

 

そういえば spike は、バレーボールで「ボールを強打する」という意味で使います。オリンピックの思い出と共に、これらの「勢いある」英単語たちも覚えておいてくださいね。

 

 

進行形から分詞構文まで ビジュアルに情景が浮かぶing形

 

現在東京オリンピック2020の各競技が進行しています。ということで、今日は英語の進行形に使われる ing についてのお話です。

 

英語では動詞の尻尾に ing をつけることが多いのですが、これが重要な役割をしています。中学で学ぶ「現在進行形」は比較的理解しやすいですね。My sister is playing the guitar over there. 「お姉さんは向こうでギターを弾いています。」

 

 

でも、ing 形はこの他に、現在分詞、動名詞、分詞構文にも使われ、文法用語が難しいこともあって、しっかり理解されないまま、英語学習の一つの壁になっています。

 

ing の役割をしっかり押さえて、英語学習をより楽しくしましょう。ing の役割は実はシンプルで、視覚的(ビジュアル)なイメージを出すために使われているのです。

 

まず進行形のおさらいから。現在形の文章は、その名前から現在のことを表わしていますが、実際には習慣的な行動、例えば He jogs around the park twice a week. 「彼は週に二度、公園の周りを走ります。」とか、変わらぬ真実を表現するのに使います。The earth is round.「地球は丸い。」

 

 

つまり、今ちょうど起こっていることを表現しているわけでないので、進行形が必要なのです。What are you doing now? I’m writing a report. 「今何をしているの?」「報告書を書いているところです。」ビジュアルな表現ですよね。

 

 

過去や未来でも、進行形は有用です。When I opened the door, several couples were dancing in the hall. 「私がドアを開けた時、何組かのカップルがホールで踊っているところでした。」

 

 

目に浮かぶでしょ? I will be flying over Osaka city around this time tomorrow. 「明日の今頃、大阪市の上空を飛んでいるでしょう。」これも視覚的ですね。

 

 

進行形がつかめたところで、今度は現在分詞にいきましょう。分詞とは「動詞」と、名詞を修飾する役割を果たす「形容詞」の2つの役割を「分け持つ」ことからつけられた名前です。受け身を示す過去分詞と(動詞の活用形の3番目)と、能動(自分が主体)を示す現在分詞(動詞+ing)の2種類があります。

 

代表的な表現は crying baby(泣いている赤ちゃん)です。普通の形容詞のように名詞の前に置いて修飾できますが、真骨頂は名詞の後ろに置くことで、より詳しく名詞を説明できる点です。

 

a baby crying for milk over there 「向こうでミルクが欲しくて泣いている赤ちゃん」という具合です。動詞から生まれた形容詞なので、動詞の性格を生かして、場所や様態を示す副詞を引き連れて使うことができるのです。やはり ing 形なので視覚的な表現ですね。

 

 

英語の学習において、しっかり区別しておきたいのが現在分詞と動名詞です。動名詞も動詞に ing をつけた形ですし、動詞の性格を生かして副詞を引き連れている点も同じ。そして、やはり ing を使っているので、臨場感が表わされます。でも、現在分詞は「形容詞」、動名詞は、動詞を名詞化するもので「名詞」なので、そこをしっかり区別しましょう。

 

つまり現在分詞は名詞を修飾(説明)する役目、動名詞は名詞なので、文の中で主語・目的語・補語になり、前置詞の後ろにつけて使うこともあります。

 

ただし、よく試験に出るのですが、sleeping boy と sleeping bag の違いには注意です。 sleeping boy の sleeping は、上の crying と同じで「眠っている」の現在分詞ですね。 sleeping bag は 名詞+名詞で「寝袋」です。この動名詞は、形容詞のように後ろの名詞を修飾しますが動作でなく目的を示します。

 

 

 

名詞は形容詞が無いような場合、後ろの名詞を説明する場合があります。lunch meeting 、train ticket などと同様ですね。

 

動名詞はまた、同じく動詞から名詞を作る不定詞(to + 動詞)と、特に動詞の目的語になる時、その区別が紛らわしい、と問題になります。

 

ざっと言えば、動名詞はすでに行われていることを示し、不定詞は、これから行うことを示すので、enjoy playing tennis 「テニスをすることを楽しむ」stop crying 「泣きやむ」に対し、want to go camping 「キャンプをしに行きたい」、plan to study abroad 「留学する計画をしている」と、動名詞と不定詞を使い分けします。これもやはり、ing を使っている動名詞が動作の進行感、すなわち臨場感を示すことと矛盾しませんね。

 

現在分詞については、聞く、見るといった知覚動詞の構文にも登場します。この構文は、主語+知覚動詞+目的語(人など)+動作 で「~がXXするのを見る・聞く」という形で、この動作部分は動詞の原形(原形不定詞と言ってto を前につけない不定詞)が来るのが基本です。

 

例えば、I saw Tom cross the street. 「私はトムがその通りを渡るのを見た。」という文章です。この場合、動詞を原形不定詞でなく、現在分詞にする場合もあります。I saw Tom crossing the street. 両者に違いがあるのでしょうか。あります。まさに今日のテーマである ing のビジュアル感です。前者がトムが渡るのを「しっかり見た。確認した」というニュアンスであるのに対し、後者は「ちょうど渡っているところを見た」という感じで、視覚的で瞬間的なとらえ方なのです。

 

 

さて、最後に ing 形を使う分詞構文です。高校で習う英文法の中で、仮定法と並んで、難しいと感じる生徒さんが多い項目です。でも、今までの話で理解しやすいと思います。分詞構文とは、2つの文を接続詞で結ぶべき内容を、主語が共通の場合、1つの文+ingで始まる副詞句で表わす表現法です。

 

例えば、The cat ran away when it saw me. 「そのネコは私を見た時、逃げ去った。」というような文を、Seeing me, the cat ran away. と表現するのです。接続詞は省略されていますから、接続詞は when なのかなあ? because なのかなあ?と相手に考えさせてしまいます。

 

でもこの、意味のぼんやりした点が、臨場感を高めるのです。文章として分詞構文を使う方が生き生きして面白くなりますよ。Waving his hand, Tom came towards us. 「手を振ってトムは私たちの方にやってきた。」

 

 

いかがですか。 ing 形はもうこれで怖くありませんね。この調子で生き生きと、楽しく英語を学んでいきましょう。

もう迷わない! interested と interesting

 

何かに興味がある時には、I’m interested in the music. 「その音楽に興味があります。」のように 言います。興味がわく、面白いものに対しては、 It’s interesting! 「それは面白いですね!」などといいます。

 

でもなぜ興味がある場合に、受け身のような be interested を使うのか、面白いものにはなぜ interesting のような ing形を使うのでしょうか。これらは動詞なのか形容詞なのか?理解しにくいですよね。

 

ほめられる、とか、怒られる、など「~される」という受け身の表現(受動態と言います)は日本語にも英語にもありますが、受け身の逆の能動態と共に、日本語と英語には動作によって受動態か能動態かにとらえ方のずれ(差)があり、英語学習において混乱したり、間違ったりする原因になっているので注意が必要です。

 

英語の方が、受け身に敏感で、例えば「ケガをする」は be injured あるいは get injured と受け身を表わす過去分詞(動詞の活用形の3番目)で表わします。ケガは受け身的な事象ですからね。My brother got injured in a baseball game. 「弟は野球の試合でけがをしました。」

 

「疲れている」を示す tired も、よく見ると受身形ですね。受け身を表わす過去分詞が形容詞化した例ですが、確かに自分から進んで疲れるわけではないですよね。I was tired from working long hours.「長時間働いて疲れました。」

 

be tired of というパターンにすると「ウンザリする」という意味になります。He was tired of rural life. 「彼は田舎の生活にうんざりした。」また後で、お話しますが、受け身の過去分詞には、対応して、逆に相手に影響を与える、能動の形容詞(一種の現在分詞)が存在する場合が多いのです。

例えば tired の逆、tiring は「疲れさせる」で、I experienced a tiring week. 「私は疲れる一週間を過ごした。」というように使います。

 

英語で結婚しているは be married と受け身になります。不思議ですね。なぜ受身形なのでしょう。「結婚する」もget married が一般的に使われます。「~と結婚する」は get married to ---。My brother got married to a fashion model. 「兄はファッションモデルと結婚しました。」

 

この理由は、昔は親が娘・息子を誰々と結婚させる、という感覚だったので、これが残っているという点が大きいのです。他動詞の marry、 自動詞の marry もあるのですが、使われる頻度は下がります。marry him/her 「彼/彼女と結婚する」。

 

これは結婚という行為が一方的なものでなく、お互いが受け入れるものだという考えが自然なので、昔からあるmarried が根強く使われるのではないかと推察します。

 

「興味がある」も英語では(影響を受けている)と考えるので be interested なのです。

 

何(の中に)に興味を持つかは前置詞 in で示すので、 be interested in と一組の熟語として覚えると便利です。元々受け身を示す過去分詞ですが、何かに影響を受けた気持ちを示す一種の形容詞と考えることもでき、そうするとグループが形成されます。

be interested in ~に興味がある

be excited about ~にワクワクする

be bored with ~に退屈する

be surprised at ~に驚く

interested と共に仲間の interesting も形容詞として使われるので、混乱したり、間違っうことが多いですね。---ing形の方は、何か(通常は人)に影響を与える側の形容詞になります。~させるモノという覚え方をしましょう。

 

interesting 興味をもたらす --> 面白い

exiting ワクワクさせる

boring 退屈させる --> つまらない

surprising 驚かせる

 

図にまとめると次のようになります。

 

いかがですか。受動態から生まれる気持ちの表現と、逆に相手に影響を与える能動の形容詞(現在分詞)を身につけると、英語の理解力が格段に向上しますよ。

校長ブログ by SatoG

ブログ タグ

spur 満開 使役表現 満員電車 who-am-i? express train javascript get along well with make a mistake take off take a bath ロボット dreams come true new face 顔認識 vegetable 持続可能 merry-go-round local train reach for the stars sneaker spike 公共輸送機関 意見が合う be interested in stare at take after sprinter 複合観念の分解 ruler take a look at be told 七分咲き snobbish favorable snoopy red roses public transportation be excited about sprout be unable to say nothing extreme sports escape from reality firework make money 分詞構文 smooth 爆発する 英検準1級 graduate sometimes telework accountingとaccount considerable work 回転木馬 take a train remarkable land www works 量の表現 不定詞の名詞用法 putt take a rest instructor inform 使役動詞 視力矯正 エクストリームスポーツ imaginable オナー listen to 新顔 bloom 英単語 通勤電車 historian 同族目的語 hypertext feel ジェットコースター valuable 気にしていない anyone spring 現在分詞 noticeable ボギー skim 松山英樹選手 急行電車 前置詞 watch take responsibility disable someone grandma granny テレワーク carbon neutral portable 普通電車 tiring be told to do 原形不定詞 acrophobia break up with something on good terms with sparkle landing theme park make up one’s mind 思いつく client cpa absent-minded ev be able to 4大品詞 national exam fortune-teller 我々の惑星 be surprised at make as if three-quarters in bloom パット roller coaster get over cherry blossom viewing keep an eye on engfish-world taste take it 預金口座と取引口座 sdgs golf driving range take it easy! packed train glance at snail splash 副詞 sound homework anywhere mind your own business. 指定の表現 boeing 777 carpenters 知覚動詞 make a promise 自動詞 employee bogey take-out 進行形 see make a bed make as toeic 語彙増強 sound mind in sound body artwork boring seem honorable any for the sake of wordpress what’s on your mind? commuter ディベート マスターズ visual correction workout 高所恐怖症 ブレイキン drone john lennon tcp/ip 花見 地球温暖化 cut down cms url 遊園地 somewhat make progress spit 電子と電気 see と meet 分詞 anybody wi-fi 他動詞 imagine 白内障 blossom
速読講座