生徒さんログイン

banner square

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

校長が本を出版しました。

Posts tagged "marry と married"

もう迷わない! interested と interesting

 

何かに興味がある時には、I’m interested in the music. 「その音楽に興味があります。」のように 言います。興味がわく、面白いものに対しては、 It’s interesting! 「それは面白いですね!」などといいます。

 

でもなぜ興味がある場合に、受け身のような be interested を使うのか、面白いものにはなぜ interesting のような ing形を使うのでしょうか。これらは動詞なのか形容詞なのか?理解しにくいですよね。

 

ほめられる、とか、怒られる、など「~される」という受け身の表現(受動態と言います)は日本語にも英語にもありますが、受け身の逆の能動態と共に、日本語と英語には動作によって受動態か能動態かにとらえ方のずれ(差)があり、英語学習において混乱したり、間違ったりする原因になっているので注意が必要です。

 

英語の方が、受け身に敏感で、例えば「ケガをする」は be injured あるいは get injured と受け身を表わす過去分詞(動詞の活用形の3番目)で表わします。ケガは受け身的な事象ですからね。My brother got injured in a baseball game. 「弟は野球の試合でけがをしました。」

 

「疲れている」を示す tired も、よく見ると受身形ですね。受け身を表わす過去分詞が形容詞化した例ですが、確かに自分から進んで疲れるわけではないですよね。I was tired from working long hours.「長時間働いて疲れました。」

 

be tired of というパターンにすると「ウンザリする」という意味になります。He was tired of rural life. 「彼は田舎の生活にうんざりした。」また後で、お話しますが、受け身の過去分詞には、対応して、逆に相手に影響を与える、能動の形容詞(一種の現在分詞)が存在する場合が多いのです。

例えば tired の逆、tiring は「疲れさせる」で、I experienced a tiring week. 「私は疲れる一週間を過ごした。」というように使います。

 

英語で結婚しているは be married と受け身になります。不思議ですね。なぜ受身形なのでしょう。「結婚する」もget married が一般的に使われます。「~と結婚する」は get married to ---。My brother got married to a fashion model. 「兄はファッションモデルと結婚しました。」

 

この理由は、昔は親が娘・息子を誰々と結婚させる、という感覚だったので、これが残っているという点が大きいのです。他動詞の marry、 自動詞の marry もあるのですが、使われる頻度は下がります。marry him/her 「彼/彼女と結婚する」。

 

これは結婚という行為が一方的なものでなく、お互いが受け入れるものだという考えが自然なので、昔からあるmarried が根強く使われるのではないかと推察します。

 

「興味がある」も英語では(影響を受けている)と考えるので be interested なのです。

 

何(の中に)に興味を持つかは前置詞 in で示すので、 be interested in と一組の熟語として覚えると便利です。元々受け身を示す過去分詞ですが、何かに影響を受けた気持ちを示す一種の形容詞と考えることもでき、そうするとグループが形成されます。

be interested in ~に興味がある

be excited about ~にワクワクする

be bored with ~に退屈する

be surprised at ~に驚く

interested と共に仲間の interesting も形容詞として使われるので、混乱したり、間違っうことが多いですね。---ing形の方は、何か(通常は人)に影響を与える側の形容詞になります。~させるモノという覚え方をしましょう。

 

interesting 興味をもたらす --> 面白い

exiting ワクワクさせる

boring 退屈させる --> つまらない

surprising 驚かせる

 

図にまとめると次のようになります。

 

いかがですか。受動態から生まれる気持ちの表現と、逆に相手に影響を与える能動の形容詞(現在分詞)を身につけると、英語の理解力が格段に向上しますよ。

 

校長SatoGの無料レッスンを受けてみよう

校長ブログ by SatoG

ブログ タグ

say so splash 気にしていない express train works mariah carey browser 使役動詞 skim customs 仮定法 使役 get into sparkle bogey 第2文型 notify visa and visa homework mind your own business. grandpa 国家試験 firework make money roller coaster keep an eye on feel 思いつく gaze at cherry blossom viewing wordpress interesting smooth school trip and business trip commuter 勇み足 overeager 語彙増強 急行電車 client explode get along with 英単語記憶 the x-project ssl reliable 英単語学習 vegetable somewhere reasonable itinerary 他動詞 make progress 自動詞 be told portuguese 英検準1級 副詞小片 hear sprinter take part in watch seem valentine’s day carousel work sprout 満員電車 inform anyone reach for the stars see と meet www put off ferris wheel dreams come true 4大品詞 toeic see sprinkle マスターズ get over sportとsports green flight look like in full bloom breakin' eye-catching arrival and departure explosion three-quarters in bloom 決心する land 視覚的表現 white christmas john lennon esports landing say nothing reindeer surprising applicant 動名詞 cpa be able to take a picture the masters take a bath be surprised at make as if used to telework spur snobbish artwork disable take a train anywhere tell 量の表現 accountability make up one’s mind 付帯状況 視力矯正 sustainable 地球語 現在分詞 the beatles エクストリームスポーツ ワクチン接種 原形不定詞 boeing 777 過去分詞 debate imagine sometimes パット ジェットコースター バイオ燃料 honor honorable 健全な身体に健全な精神が宿る take place i don’t mind. cut down snob take-out engfish acrophobia imaginable travel and trip 何が気になるの? the planet someone make a bed instructor santa claus carbon neutral 意見が合う 起動動詞 make a promise take over sound mind in sound body break up with petal extreme sports take off packed train take after historian 爆発する 分詞 vaccination say employee considerable make a decision 回転木馬 somebody apple amusement park colored leaves snail big word be bored with accountingとaccount spine take a look at 普通電車 take it easy! glance at anything who-am-i? 現実逃避 分詞構文 表情 電子と電気 exciting javascript talk spit
速読講座