生徒さんログイン

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

Posts from category "校長ブログ"

音楽で楽しくなる英語学習

私事ですが、実は中学時代、英語で落ちこぼれそうになりました。文法など難しくて、単語も覚えられないし、発音の問題なども、まったくピンとこないし・・・。

 

そんな私ですが、転機は中学時代終わりに、音楽、特に当時の洋楽に興味を持ったことです。

 

当時、ダイアナ・ロスを中心にしたザ・スプリームス(The Supremes)(当時は日本で、シュープリームスと呼ばれていました。)の曲に興味を持ち、レコードを買って、何度も聞いて、歌ってみようとしました。

 

音楽のリズム、歌い方の抑揚も刺激的で、とても気に入りましたが、真似して歌うのはとても難しい。この時、歌詞の意味を知りたい、うまくまねして歌ってみたいという思いが高まり、それが英語への興味につながりました。

 

それをきっかけに、英語の成績は急上昇。高校受験にも役立ちました。高校に入ると、カーペンターズ (Carpenters)の「イエスタデイ・ワンス・モア」(Yesterday Once More)や「トップ・オブ・ザ・ワールド」(Top of the World)が日本でも大ヒットしましたが、これらも大好きでよく口ずさんでいました。

 

高校時代には、ギター片手に英語の歌を歌うのが大好きになり。アメリカのフォークソンググループを真似して、友達とバンドっぽく楽しんだりしました。

 

そしてこのころからビートルズにも興味を持ちはじめ、幾つかのメジャーな曲を歌ったりしていましたが、学校で習う英語の表現が出てきたとき、「なるほど、こういう風に使うのか」と感心し、頭に残るようになりました。

 

名曲の Let it be では、原形不定詞(to をつけない不定詞の用法)と使役動詞の使い方、be 動詞の意味とイメージなど、学校で習った時にはピンとこなかったものが、実感できるようになりました。Let it be は「そのままにしておこう、大丈夫」「なすがままに・・・」という意味ですね。

 

また、名曲 Yesterday では、学校の英文法で習った「過去の習慣を表わす used to 」 が I’m not half the man I used to be (私はかつての自分とは全く違ってしまっている) として出てきますが、ここでも学校で習った熟語の実際の使われ方、be 動詞の語感を感じることができました。

 

ビートルズはずっと「カブト虫」という意味だと思っていましたが、ある時、何かスペリングが変だなと思って辞書を見るとカブト虫は beetle なのにビートルズは beatles (The Beatles)。

 

そう、そこでピンときました。音楽の音、リズムを示すビート beat と同じ発音だから、これを、合体するようにモジったのだと。ea と ee はいずれも「イー」と発音するので、 speech (演説) と speak (話す) のスペリングを間違う人が多いのも、関連していますね。

 

さて社会人になって英会話の個人レッスンを受けていた時、英会話のトピックにジョン・レノンの名曲 Imagine が取り上げられた時がありました。このレッスンは今でもよく覚えています。

 

曲を聴き、歌詞を再確認して、そのすばらしさに感動し、歌詞の中で訴えられている内容が、普遍的に価値があり、世界の人たちがもっと噛みしめてほしいものだと思ったので・・・。

 

それは、「国や国境というものがあることで、世界の人たちが、いがみ合ったり戦ったりするのだから、国や国境のない世界を目指すべきじゃないかな? そんな世界を想像 imagine してごらん」という内容です。

 

レッスンの中で、この歌詞の内容から、非民主的な某国では、国内でこの歌が歌われることを禁止している、という驚きの話を聞いたのを覚えて

います。

 

いまだに、同じ国の中での人々の争いがあることが、毎日のように報じられています。本当に人間というのは賢いようで、愚かですよね。

 

ちょっと話がずれましたが、好きな英語の歌を歌ったり、英語の歌の歌詞に興味をもつことは、英語の勉強に役立ち、また英語の勉強を楽しくしてくれます。

 

 

皆さんも、ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

夢をかなえる英語

ついにやりましたね、松山英樹選手。ゴルフの最高峰 (the highest peak) ともいえるマスターズ (the Masters Golf Tournament) でついに日本人悲願の優勝を果たしました。

 

彼にとっても長年の夢 (his long-cherished dream) 、初参加から10年で、本当に難しい夢を実現しました。

 

私も初日からテレビで観戦して応援していましたが、優勝の瞬間は、テレビの実況アナウンサーや解説者の感涙 (tears with emotion) に、もらい泣きしてしまいました (wept [cried] in sympathy)。

 

先週は池江璃花子選手の、奇跡的な復活によるオリンピック代表権の獲得も伝えられ、コロナ禍の中、アスリートたちの明るいニュースが多くの人を元気づけたことでしょう。

さて、松山選手の活躍は、夢を追う (pursue [follow] one’s dream) ことのすばらしさ、重要性を改めて感じさせてくれました。

 

人間にとって本当にうれしい「夢がかなう」という表現は、さすがに英語にもたくさんあります。

 

有名バンド「ドリカム」でおなじみ、dreams come true も「夢がかなう」の定番ですが、「夢をかなえる」は、そのほかにも、realize one’s dream、fulfill one’s dream、make one’s dream reality、 make one’s dream happen などなど。

 

夢を現実のものにするので、 turn a dream to reality という表現もあります。夢を持ち続けるは keep one’s dream alive。

 

まず夢を持つ have [hold] a ream を持つことから始まり、いつも夢を持っていることは人生を充実したものにします。

 

~を夢見る は、dream of という動詞表現が重要です。dream of a better world 「より良い世界を夢見る」、dream of becoming an actor 「俳優になる夢を抱く」というように使います。

 

夢を持つことは大切ですが、夢をかなえるには、行動、努力が必要です。また大きな夢なら、それをかなえるため、いくつかの段階的な目標に分割 break down one’s big dream into smaller steps することが必要になります。

 

大きな夢を持つことは reach for the stars (星を取ろうと手を伸ばす)とも表現しますが、この英語表現は、また「高望みをする」という意味にもなります。

夢を持つことは、だれにとっても自由だし、楽しいこと、人生を有意義にするものです。

 

でも、それが本当にかなえたいものなら、あきらめず(never give up one’s dream) 、地道な努力(steady efforts) を続けるが大切であることを、松山選手の快挙は示してくれているように思います。

英語を学ぶことは日本を知ること

当校では、この4月期から、高校生クラスの授業内容を大幅に変え、バラエティに富む、より充実した内容になっています。

 

その一つが、先のブログでご紹介した「泳ぐ英単語をつかまえる」Engfish-Worldですが、他にもいろいろあります。

 

 

“Who am I?”は世界と日本の有名な人物を探すクイズ形式の英会話レッスン。”Guess the Event.” は同様に、歴史的な出来事をDescription (解説文) をヒントに探りだし、英語で答えるレッスンです。

 

 

難しいようですが、高校生が楽しく参加できるよう、いろいろ工夫しています。さらに、今までも隔月で実施していた、スピーチ/エッセイトレーニングに加え、「やさしいディベート」も導入して、英語大好きな「英語スーパースチューデント」の養成を目指します。

 

さて、これらのレッスンを通して感じることは、国際人に必須の国際的コミュニケーションにとって、いかに英語が重要か、ということですが、それと同時に英語を学ぶことは日本のことを学ぶことにつながる、という点です。

 

先にご紹介した “Who am I?”でも日本の有名人が出てきますし、”Guess the event.” でも日本の歴史的出来事が登場し、英語でどのように表現するかを学びます。

 

英語力を高めることは、実質的な「地球語」を手に入れることになり、それそれの仕事や、勉学、そして趣味などにおいて大きな進展や広がりを実現します。もちろん受験・進学においても英語を得意科目にすることは、大変「お得」です。

 

しかし、英語を使う時、感じることは、いかに自分が、自分たちの国、日本のことを知らないかということです。国際的なコミュニケーションで求められることは、お互いを理解し、その理解を深めることです。

 

日本の文化や日本人の考え方を聞かれることも多いし、それらを英語で説明する必要性は、これからますます高まるでしょう。

 

学校の授業や受験の内容にも、これらの考え方は反映されつつありますが、英語で意見を述べること、交換すること、まして英語で討論することは、容易ではないですし、力をつけるにはステップが必要です。英語に自信をつけていくことも必須です。

 

自分たちの国、日本のことを学びながら、また再認識しながら、英語で説明していくことは、実は面白いこと・楽しいことでもあります。好奇心をもって、あわてず、楽しみながら学んでいってほしいな、と思います。

 

スクールで、これらの力を、しっかり、着実に養成していくことができたらいいなあ、と考えながら教材づくりにいそしむ今日この頃です。

校長ブログ by SatoG

速読講座