生徒さんログイン

city life

英単語記憶学習ソフト Engfish-World など オリジナル教材の販売ショップ

当校開発のユニークな教材を販売するショップがオープンしました。

英単語記憶学習ソフト Engfish-World のダウンロード販売も行なっています。

Posts tagged "ブログ開始"

夢をかなえる英語

ついにやりましたね、松山英樹選手。ゴルフの最高峰 (the highest peak) ともいえるマスターズ (the Masters Golf Tournament) でついに日本人悲願の優勝を果たしました。

 

彼にとっても長年の夢 (his long-cherished dream) 、初参加から10年で、本当に難しい夢を実現しました。

 

私も初日からテレビで観戦して応援していましたが、優勝の瞬間は、テレビの実況アナウンサーや解説者の感涙 (tears with emotion) に、もらい泣きしてしまいました (wept [cried] in sympathy)。

 

先週は池江璃花子選手の、奇跡的な復活によるオリンピック代表権の獲得も伝えられ、コロナ禍の中、アスリートたちの明るいニュースが多くの人を元気づけたことでしょう。

さて、松山選手の活躍は、夢を追う (pursue [follow] one’s dream) ことのすばらしさ、重要性を改めて感じさせてくれました。

 

人間にとって本当にうれしい「夢がかなう」という表現は、さすがに英語にもたくさんあります。

 

有名バンド「ドリカム」でおなじみ、dreams come true も「夢がかなう」の定番ですが、「夢をかなえる」は、そのほかにも、realize one’s dream、fulfill one’s dream、make one’s dream reality、 make one’s dream happen などなど。

 

夢を現実のものにするので、 turn a dream to reality という表現もあります。夢を持ち続けるは keep one’s dream alive。

 

まず夢を持つ have [hold] a ream を持つことから始まり、いつも夢を持っていることは人生を充実したものにします。

 

~を夢見る は、dream of という動詞表現が重要です。dream of a better world 「より良い世界を夢見る」、dream of becoming an actor 「俳優になる夢を抱く」というように使います。

 

夢を持つことは大切ですが、夢をかなえるには、行動、努力が必要です。また大きな夢なら、それをかなえるため、いくつかの段階的な目標に分割 break down one’s big dream into smaller steps することが必要になります。

 

大きな夢を持つことは reach for the stars (星を取ろうと手を伸ばす)とも表現しますが、この英語表現は、また「高望みをする」という意味にもなります。

夢を持つことは、だれにとっても自由だし、楽しいこと、人生を有意義にするものです。

 

でも、それが本当にかなえたいものなら、あきらめず(never give up one’s dream) 、地道な努力(steady efforts) を続けるが大切であることを、松山選手の快挙は示してくれているように思います。

英語を学ぶことは日本を知ること

当校では、この4月期から、高校生クラスの授業内容を大幅に変え、バラエティに富む、より充実した内容になっています。

 

その一つが、先のブログでご紹介した「泳ぐ英単語をつかまえる」Engfish-Worldですが、他にもいろいろあります。

 

 

“Who am I?”は世界と日本の有名な人物を探すクイズ形式の英会話レッスン。”Guess the Event.” は同様に、歴史的な出来事をDescription (解説文) をヒントに探りだし、英語で答えるレッスンです。

 

 

難しいようですが、高校生が楽しく参加できるよう、いろいろ工夫しています。さらに、今までも隔月で実施していた、スピーチ/エッセイトレーニングに加え、「やさしいディベート」も導入して、英語大好きな「英語スーパースチューデント」の養成を目指します。

 

さて、これらのレッスンを通して感じることは、国際人に必須の国際的コミュニケーションにとって、いかに英語が重要か、ということですが、それと同時に英語を学ぶことは日本のことを学ぶことにつながる、という点です。

 

先にご紹介した “Who am I?”でも日本の有名人が出てきますし、”Guess the event.” でも日本の歴史的出来事が登場し、英語でどのように表現するかを学びます。

 

英語力を高めることは、実質的な「地球語」を手に入れることになり、それそれの仕事や、勉学、そして趣味などにおいて大きな進展や広がりを実現します。もちろん受験・進学においても英語を得意科目にすることは、大変「お得」です。

 

しかし、英語を使う時、感じることは、いかに自分が、自分たちの国、日本のことを知らないかということです。国際的なコミュニケーションで求められることは、お互いを理解し、その理解を深めることです。

 

日本の文化や日本人の考え方を聞かれることも多いし、それらを英語で説明する必要性は、これからますます高まるでしょう。

 

学校の授業や受験の内容にも、これらの考え方は反映されつつありますが、英語で意見を述べること、交換すること、まして英語で討論することは、容易ではないですし、力をつけるにはステップが必要です。英語に自信をつけていくことも必須です。

 

自分たちの国、日本のことを学びながら、また再認識しながら、英語で説明していくことは、実は面白いこと・楽しいことでもあります。好奇心をもって、あわてず、楽しみながら学んでいってほしいな、と思います。

 

スクールで、これらの力を、しっかり、着実に養成していくことができたらいいなあ、と考えながら教材づくりにいそしむ今日この頃です。

英単語記憶の秘密兵器 Engfish-World

いよいよ4月。新学期です。今日は新たに高校生コースに導入される英単語記憶・学習のための当校オリジナルソフト、Engfish-Worldについてご紹介しましょう!

 

Engfish って、スペリングの間違いじゃあないですよ。EngFISH は重要英単語を無理なく覚えさせてくれる魚たち(?)です。

 

そう、大学入試や英検2級・準1級突破のために厳選した3500語が魚になって泳いでいるんです。それも、覚えやすいように語源やテーマに応じて、水族館の展示室を模した部屋に分かれて泳いでいます。

 

学習者はこの魚たちをつかまえて、意味や発音、用例を確認して記憶マークをつけていくのです。フラッシュカードや一覧リストの確認、日英、英日のテストもついています。

 

その一番の狙いは、魚たち(英単語たち)が展示室に入ったり出たりしながら回遊しているので、これを追ったり、つかまえたり、マークをつけるるだけで、自然と脳に認知と記憶が焼き付き、記憶できるようになる点です。

 

お部屋のインテリアにもなりそうな水槽で泳がせると、あなたの記憶度によって色が異なる魚たち(単語たち)が泳いでいるという仕掛けです。

 

この魚たちはまた、癒しの音楽の中で涼しそうに泳いでいます。知らぬうちに、また鑑賞しているうちに、魚たちの色が変わり、あなたの単語記憶も確実に増強されてきます。

 

面白いでしょう? これは当校だけの秘密兵器です。私の長年にわたる英語学習・指導経験の中で、単語学習の理想を追求して生まれたソフトなのですが、まだまだいろいろな仕掛けが含まれています。

 

それらの仕掛けや、誕生秘話については、また改めてご紹介しましょう。

 

そうそう、このソフト(Windows10 版)は、当ホームページからのリンクでダウンロード販売しています。ぜひお試しください。

校長ブログ by SatoG

速読講座